haruzen

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haruzen

カラダのことをメインに犬・猫、日々思ったこと、気になったことを更新中。

【スポンサーリンク】

いい整体の見分け方5選

カラダ

たまには本業のお話もしてみたいと思います。

先日久々にアウトなお店にいった話を聞いたので。

 行かない方がいいダメな整体・整骨院

 

タイトルは「いい整体の見分け方5選」ですが、行くのをやめた方がいい整体、整骨院の見分け方です。

 

なぜかって、それはいいところは個々それぞれたくさんありますから(笑)

 

※あくまで僕の主観で、個人的な感想です。

 

1、「痛いのは効いてる証拠だよー」

 

「痛い」と言っているのに「痛いのは効いてる証拠だから!」と言って弱めてくれない。

 

たまに遭遇しますが、これは僕的に言っておわってます(笑)

筋肉痛めますよ。

きちんと力加減も確認してくれるところがいいです。

痛いにもいろいろありますが、特に効いてる感より不快感が強ければやめた方がいいです。

 

ひどい場合は逆に痛めたり、内出血や打撲のような痛みが数日残ったりしますよ、、、

あと、骨圧してくる人。

骨かどうかの違いも分からないのはすぐに変わってもらった方がいいです。

 

2、問診をしない

 

いつも通っているお客様でも 、その日によっては違うところが気になっていることもあります。

歩き方、姿勢などで分かっても、本人に確認するのが一番ですからね。

今日はどこが気になっているのかきちんと聞いてくれるところに行くことをお勧めします。

 

 

3、動作確認がない

 

動作確認とは可動域がどれくらいあるか、または痛みを訴えているお客様が施術前と施術後で同じ動作をした時に痛みが軽減しているかです。

 

痛みや違和感を訴えてるところだけもんで、痛みの変化を確認しないところけっこうありますが、なぜ確認しないのかなぁと思います。

 

 

 

4、痛みのあるところしか施術しない

 

原因は痛みが出ているところとは限りません。

その周辺や全然違うところが原因の事も多々あります。

それを痛みのある所だけ施術して全然治らないとか、よく聞く話です。

 

原因となる箇所を見つけて「この動きの時にここが原因でこっちに痛みが出てたんです」と説明してくれる人がいいと思います。

 

 

5、施術中に寝てる

 

はい、これお客様ではなく施術者です。

たまに出くわします(笑)

 

いや、寝ても手を動かしてくれていればいいんですけど、手止めちゃだめですよ(笑)

まぁ仕事中に寝てるとか問題外ですけどね(笑)

 

最後に

 

いつもリラクゼーションで来店されているお客様。

肩を痛めてゆっくりとしか動かせず、2週間ほど鍼灸整骨院、病院でのリハビリを受けていたが、変化もなく改善されなかった。

 

痛めてから2週間以上経っていたこともあり少し触らせて頂きました。

 

結論から言うと、来店時よりも可動域が広がり、普通に動かしても痛みも感じなくなったとのことでした。

 

今まで治療を目的として行ったはずのところは、可動させながら痛みの度合いや変化を確認しながら施術してくれたところがなかった。 

そして痛みを訴えてるところばかり揉んだり、鍼をしたりで、今回の根本原因となっていたところを誰も触ってくれなかった。

結果、何の変化もなかった

 

正直、どこもそうなのかな?と疑問に感じました。

 

 

みなさん、ぜひ相手目線になってくれる自分に合った施術者を見分けてくださいね。