haruzen

haruzen

カラダのことをメインに犬・猫、日々思ったこと、気になったことを更新中。

【スポンサーリンク】

肋間神経痛と帯状疱疹

f:id:haruzen:20180913174203j:plain

人生初めて、肋間神経痛&帯状疱疹になりました。

ざっくり言うと、帯状疱疹が原因で肋間神経痛になったのですが、

結構痛いです(((( ゚Д゚))))

肋間神経痛とは?


肋骨に沿って走る神経が何かしらの原因で痛みを感じる症状のことです。
肋間神経痛とは病名ではなく、症状です。

神経が骨や筋肉の圧迫によって起こるもの、または帯状疱疹ウイルス(水疱瘡のウイルス)によって痛みが生じる場合があります。
ちなみに左右どちらか片方に出るそうです。
僕は脊柱を境に背部の右側から脇腹を通り胸部まで痛みがあります。
痛みは皮膚が過敏になっているようなピリピリ・チクチク(衣類が擦れても痛い)といったものや、狭心症に似たような痛みを感じたりしています。
狭心症の痛みは体験してないとわからないと思いますが経験的な話をすると、何か詰まったような感じがしてグッと背中を押して欲しいようなものや心臓を鷲掴みされているような痛みとか、うまく説明できないのですが、、、。)

神経痛は神経に傷がつき痛みを感じるので早めの治療が理想的です。
長引けば長引くほど痛みが取れるまで時間がかかることがあります。

僕の肋間神経痛の原因は帯状疱疹

帯状疱疹に関しては疱疹が見られる場合と、稀に疱疹が出ない場合があります。

僕は痛みを感じてから1週間ほど経過してから疱疹が出始めました。

なので症状を順を追って話すと、

①初めは背中が痛かったのでマッサージに行ったけど変化がない。

②内臓系からの痛みかと思って内科に行ってみたが特に異常なし。

③脇腹などの皮膚が過敏になり衣服が擦れても痛いので肋間神経痛かも?と思い整形に行った。

④最終的にプツプツが出てきたので同じ肋間神経痛でも帯状疱疹からだったため皮膚科に行ってきた。

帯状疱疹はネット画像で見るような真っ赤なものほどではありませんでしたが、

まとまった位置に密集してプツプツプツっと出てきました。

治療方法

通常の肋間神経痛は整形外科で鎮痛薬(消炎鎮痛薬や神経障害性疼痛治療薬など)の内服や痛みのあるところに湿布を塗布したりブロック注射をしたりなどあるようです。
また、帯状疱疹は皮膚科で抗ウイルス薬を内服します。
帯状疱疹の場合は温めた方が痛みは和らぎます。
冷やすと痛みが増したり、湿布はかぶれる場合があるので避けた方がいいです。

帯状疱疹はストレスや疲れなど免疫力が下がることで水疱瘡のウイルスが暴れ出すことで発症します。
栄養と十分な休息を取ることが大事!!

最後に

肋間神経痛により痛みでなかなか寝れず、起きていても楽な体勢を探すのが大変です。

帯状疱疹は高齢者のイメージでしたが、20代でもなるようですね。私40歳ですけどw
基本、まわりに感染はしないとのことですが水疱瘡をしていない人、高齢者や赤ちゃん、妊婦さんなどとの接触は避けてくださいと言われました。

僕の場合、接客業ですし力仕事もダメとのことで最低1週間は仕事もお休みです。

地震でも休んだのに、嫁ちゃんごめん(;∀;)